構造について

お客様のご要望にお応えする為、リアルでは木造壁組工法(2×4工法)と木造軸組工法(在来工法)より、それぞれの土地にあった最良な工法を採用し、地盤調査からベタ基礎、頑強な柱や壁で、耐久性のある家を実現しています。建物ご購入後、20年、30年と時が経っても安心して暮らし続ける為、しっかりとした構造性能を重視しております。

木造壁組工法(2×4工法)とは?

北米で生まれた工法で、壁を構成する木材【下枠・縦枠・上枠などの構造主要部分が】が2インチ×4インチという寸法から製材したものが採用されるケースが多いことと、この工法を採用した住宅生産会社が加盟する日本最大の団体が「社団法人 日本ツーバイフォー建築協会」という名称であることなどからツーバイフォー工法と呼ばれることが多くなりました。
在来工法とは違い、線ではなく面によって構造体を作る工法が2×4工法の特徴です。はじめから床、壁、天井を面で作り、6面体で家を形にしていきます。面構造なので気密性、断熱性に優れ、地震や台風などの外からの力を面で受け止めるため、抜群の力を発揮します。

2×4(ツーバイフォー)工法の長所

・構造部材が規格化されていてバラつきが少ない。
・構造上、耐久性が優れている。
・工期が比較的短期で済む。
・耐震性、耐風性、耐火性に優れている。
・機密性や断熱性にも優れている。などがあげられます。

地震に強い2×4工法の家

2×4工法は、屋根・壁・床の建物全体で外からの力を受けるので、『地震』や『台風』に強いんです!
2×4工法は枠組壁工法といわれ、地震や台風など外からの力に対し、屋根・壁・床が一体となって、しっかりと耐えます。

省エネルギー性

床、壁、天井は、面によって構成されているため、2×4工法による住宅は高い気密性を持っています。この工法自体の特性に加えて、木自体の高い断熱性(鉄の約350倍)と、隙間を埋める気密工事で断熱材を取り付ければ、相乗効果で気密性、断熱性がさらに高まります。すきま風が少なく、外気温の影響を受けにくいということは、冷暖房費の節約になるので、2×4住宅は省エネルギー住宅となるわけです。

強い構造体だからできること

壁が構造の一部なので、大きな開口部を設けたりするのは難しいのですが、リビング、ダイニング、キッチンがつながった仕切のない大空間を作ったり、屋根裏を利用するのに大変適しています。
3階建てでも安定した構造体を保つので、段差のある土地や狭い土地でも自由度の高いプランを考えられるのが大きな魅力です。

木材へのこだわり

鉄の比重7.8、コンクリートの比重2.3に比べて、木の比重はおよそ0.3~0.8と軽量。しかし、この比重を強度で割った「引張られ強度」では木は鉄より3倍程度強く、同様に「圧縮に対する強さ」ではコンクリートの5倍程度の強度をもっています。 また、熱を加えると鉄は急速に強度が低下しますが、木材は急に低下することはありせん。さらに木材はコンクリートの約10倍の優れた断熱性能を持っています。

地震大国であるわが国では、「地震に対する心配」がまず頭に浮かぶことでしょう。 しかし、過去の震災等で破損・倒壊し、クローズアップされている木造住宅は、古い建築基準法のもと建築された住宅です。現在の建築基準法のもとで正しく建築された木造住宅は、木材の持つ基本性能を発揮し、地震にも大変強い住宅なのです。

株式会社リアルの会社案内PDFで閲覧出来ます。
施工状況の確認
リノベーションプロジェクト
建物用地の募集
資料請求・お問い合わせ

REAL Information

写真

株式会社リアル

〒220-0072
横浜市西区浅間町1-6-5
横浜西口K&Kビル7F
TEL:045-312-0101
FAX:045-312-0102


会社案内

PAGE TOP