CSRCSR活動

企業と社会の双方が事業により、共通の価値を生み出す

当社は「価値ある事業空間を提供し、社会に貢献する」ことを経営理念に掲げ、不動産業を営んでいます。
不動産業は建物の建築からその使命を終えて解体されるまでに約半世紀と、きわめて長期に渡る事業です。
この事業を継続するためには、ステークホルダーのみなさまとの信頼関係が非常に重要であると考えています。
社会の問題がビジネスになり、その解決が結果的に会社の発展に繋がれば、双方に取って最高の形だと考えております。
まだまだ挑戦を始めたばかりの事業ではありますが、社会へ貢献し、事業拡大を図って参ります。

CSR事業

  • お客様への取り組み

    お客様への取り組みお客様満足度の向上の為に、お客様からのご意見、ご希望に耳を傾け、安心で快適な住まいづくりをお手伝いすることで、お客様の満足と信頼を最大にします。

  • 社員への取り組み

    社員への取り組み社員一人ひとりの人格や個性を尊重し、資質・能力を最大限発揮できる職場づくりを進めています。また家づくりに関わる知識向上の為に、社内の勉強会を行い、社外研修会にも積極的に参加しています。

  • 環境への取り組み

    環境への取り組み開発事業における資源のリサイクル・CO₂削減の取組み、住宅建設においては省エネ設備、省エネ設計などの提案を行い環境に配慮した住宅の供給をおこない、人と社会、自然環境との共生を実現を目指します。

フローレンス活動支援

日本財団 難病児支援

小児がんや心臓の病気など、とても重い病気で、常に治療と向き合っている子どもたちは全国で14万人以上。また、人工呼吸管理や経管栄養など、何らかの医療的ケアを必要としながら自宅で生活している子どもは全国で18,000人といわれ、 私たちの町にも重い病気と共に暮らしている家族がいます。その中には病院と家の往復が生活の中心となり、厳しい治療を強いられる子どもも少なくありません。難病の子どもと家族を「地域で支える体制」を整え、医療・福祉・教育、子ども、家族を支える専門家をつないで、子どもと家族の社会的孤立を防ぎ、みんながみんなを支える取り組みを推進しています。
リアルからの支援は病気と闘う子どもとその家族のために活用されています。

横浜開港祭

横浜開港祭

リアルでは地元・横浜を盛り上げたいとの思いで、横浜開港祭を毎年応援しております。
"Thanks to the Port"「開港を祝い、港に感謝しよう」
~みんなでつくろう みなとのみらい~

のコンセプトのもと、横浜の原点である港の誕生日をお祝いするイベントです。
イベントを通じ、お客様やお取引様と協働しながら地域の一員として地域の魅力発信に取り組んでまいります。

  • 節電への取り組みリアルでは環境問題についても関心を持ち、省エネルギー、低公害のため設備・機器の導入に積極的に取り組んでいます。
    地球温暖化防止を目的とし節電への取組みとして夏季期間は「クールビズ」・冬季期間は「ウォームビズ」を実施しております。
  • エコカーの導入社有車、営業車として電気自動車やハイブリッド車を導入し、CO₂排出量削減や大気汚染防止に取り組んでいます。
    今後もハイブリットカーやエコカーを積極的に導入し、ガソリンの使用量を減らしてまいります。

CONTACTご質問などお気軽にお問い合わせください。

tel.045-312-0101受付時間/9:30~19:00