REAL Real Estate Innovation

FLOW家づくりの流れ

夢のマイホームが
出来るまでの流れ

家は、建築プランに沿って建てられます。どんな家が建つかは、着工の時点でほぼ決まります。
そして、建築プランを考えることは、家族の夢、将来を具体的な設計図にしていくこと。
後悔しない家づくりのために、まずは納得のいく建築プランづくりからリアルがお手伝いします。

  • ご契約

    ご契約

    お客様に契約時プランおよび契約時お見積書にご納得いただいた時点で、建築工事請負契約書の取り交わしとなります。ご契約後に建築確認申請を行います。建物を建築するためには、着工前に建築基準法、関連法令に適合しているかどうかを、都道府県・市町村の建築主事または、指定確認検査機関に申請し、確認を受ける必要があります。

  • 着工

    着工

    地盤調査

    建設予定地の地盤をスウェーデン式サウンディング試験により調査します。調査は第三者機関が行い、「地盤調査報告書」にまとめます。調査結果によって土地改良が必要となる場合は、その方法や費用なども含めてご相談に応じます。

    着工

    建築確認が下りましたら、最終プラン・内部仕様書をもとに工事が始まります。確かな技術を持つ弊社リアルの契約工事業者が図面に忠実な工事を実施します。

    基礎工事・配筋検査

    工事は基礎づくりから始まります。基礎の重要なファクターである配筋について、第三者機関と自社による検査を行い、検査に合格後、コンクリートを打ち込みます。

  • 上棟

    上棟

    • ①上棟

      建物の骨組みとなる柱や梁を組み上げていきます。建物構造体が組み上がり、屋根板が張られます。

    • ②屋根・外装工事

      上棟された建物の骨組みに屋根を葺き、壁面にラスモスやモルタル塗りをしていきます。合わせて防水工事を行います。

    • ③構造検査

      ここまでで工事が完了した建物の構造体が図面通りに行われているか、現場責任者と第三者機関による検査を行います。

    • ④内装・設備工事

      建物内部の造作やキッチン、バス、トイレ、洗面化粧台などの設備の取り付け工事を行い、建物を仕上げていきます。

    • ⑤完成・竣工検査

      すべての工事が完了後、自社による最終的な竣工検査を行い、確認検査機関が検査を行います。

  • お引渡し

    お引渡し

    お立ち合い

    竣工検査に合格するとお客様立ち合いのもと、「オーナー立ち合い」を実施します。お客様には新居の完成状態を隅々までご確認いただき、各設備の使用方法、注意点を説明させていただきます。この時にカーテンの採寸や家具や家電製品の配置を確かめることができます。お引っ越しの準備、電気・ガス・水道の開設の申込みをしましょう。

    お引渡し

    いよいよ鍵のお渡しです。引渡し時に、リアルの保証書、第三者機関であるハウスプラスによる10年間の瑕疵担保保険証を発行いたします。

サポートサービス

リアルにはアフターフォロー専任担当者がおり、いつでも対応が可能です。
入居後の住まいのメンテナンスやリフォームなど、遠慮なくご相談ください。

CONTACTご質問などお気軽にお問い合わせください。

tel.045-312-0101受付時間/9:30~19:00